方言ニュース 解説 9月11日

はいたい、ぐすーよー。ちゅーや、ほうげんにゅーそー、解説(かいせつ)しみそーちゃん。ぐすーよー、ゆでぃ くぃみそーり。ゆたさるくぅとぅうにげーさびら。わんねーなまフィンランドんかいくらちょーいびーしが、くまぬでーじひーさくとぅ、うちなーぬてぃーだぬ、なちかさんでぃ思やいびん。

 

ぐすーよー ちゅーうぅがなびら。

一時(いちじ)ぬ 方言(ほうげん)にゅーす うんぬきやびーん。

ちゅーや 琉球新報(りゅうきゅうしんぽう)ぬ にゅーすから うしらし うんぬきやびーん。

まちぐゎーぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ かんげーゆる 地域円卓(ちいきえんたく)会議(くゎいぎ)ぬ くぬふどぅ 那覇市(なはし)ぬ てんぶすほーるうぅてぃ むゆーさってぃ 平和通り(へいわどおり)そーな 商店街(しょうてんがい)とぅ、かかわいぬ あみしぇーる方々(かたがた)とぅか まちやぬ ぬーし、うりから うみかきとーみしぇーたる てーげー 五百人(ごひゃくにん)ぬ 市民(しみん)ぬ まじゅんなてぃ 商店街(しょうてんがい)ぬ といれ問題(もんだい)にちーてぃ、ちゃーせー しむがやーんでぃぬ くぅとぅ、うぬ解決法(かいけつほう)ぬ てぃだてぃにちーてぃ、いちゃいはんちゃい 吟味(じんみ)しみそーちゃんでぃぬ くとぅやいびーん。

  • かんげーゆる
    かんがえる。動詞「かんげーゆん」(考える)の連体形。
  • くぬふどぅ むゆーさってぃ
    このほど催されて。動詞「むよーすん」 (催す)のテ形。
  • ぬーし(p.208)
    主。持ち主。
  • うみかきとーみしぇーたる
    ご覧になられていらっしゃる。 動詞 「うみかきゆん」(ご覧になる) + 敬語「みしぇーん」( お〜になる)の連体形
  • ちゃーせーしむがやー
    どうしたらいいのかな。   疑問詞「ちゃー」(どうしたら)+動詞「すん」 の条件形「せー」(すれば)+ 動詞「しむん」 の尾略形「しむ」+「がやー」(かな, かしら(p.79))
  • いちゃいいはんちゃい(p.25)
    自問自答。言ったり答えたりすること。
  • 吟味(じんみ)(p.138)
    協議。吟味。
  • しみそーちゃん
    動詞「すん」 (する)+ 敬語 ミシェーンの過去•終止形

 

 

うぬ会議(くゎいぎ)うぅてー、商店街(しょうてんがい)とぅ かかわいぬ あみしぇーる 方々(かたがた)が 公設(こうせつ)市場(いちば)そーな 商店街(しょうてんがい)うぅてぃ、こーいむんしーが めんしぇーる方々(かたがた)ぬ ちからりゆる といれぬ いきらさんでぃ いち、とぅいあぎみそーち、平和(へいわ)通り(どおり)ぬ まちやぬ ならどーる仕組み(しくみ)から むちかさんでぃぬくぅとぅ、あんし事業者(じぎょうしゃ)びけー じっしぇー みぐらちぇー いからんでぃいち、なまぬ しじゃま 説明(しちめい)しみそーちゃん でぃぬくとぅやいびーん。

  • こーいむんしーが
    買い物するために 。(長い連用形+しーが)
  • ちからりゆる
    使われる。動詞「ちかいん」(使う)の受け身形(未然形+りゆん・りーん)+ 「ゆる」は後ろに名詞があるので連体形。
  • いきらさん
    少ない。
  • とぅいあぎみそーち
    お取り上げになって。動詞 「とぅいあぎゆん」(取り上げる) (p.3) + 敬語 「みしぇーん」のテ形。
  • ならどーる
    ならんでいる 。動詞「ならぶん」(並ぶ)の継続・連体形。
  • むちかさん
    形容詞 難しい
  • あんし
    そして。それで。(p.13)
  • びけー
    だけ、ばかり。
  • じっしぇー
    実施は。「実施」+「や」、発音上で「じっしぇー」。
  • みぐらちぇー
    めぐらしては。動詞「みぐらすん」(回す)のテ形「みぐらち」+「や」
  • しじゃま
    様子、態度、さま。(p.125)
  • 説明しみそーちゃん
    説明されました。動詞「 すん」 (する)+敬語「ミシェーン」の過去形。

 

うりから みぐらちょーる 居酒屋(いざかや)とーびちに、といれびけー 実施(じっし) まちや かとーみしぇーる めーいぃきがぬかたー、「なー といれぬ かいちんだきっし、居酒屋(いざかや)ぬ べーぬ 家賃(やちん) はらいびーん」でぃ いみそーち、んなっし ちからりーる 共同(きょうどう)ぬ といれん (要り用)いりよー んでぃ いち、くぅとぅば  ちわみみそ−ちゃん でぃぬくとぅ やいびーん。

  • みぐらちょーる
    回している。 動詞 「みぐらすん」(めぐらす・回す)の 継続・現在・連体形。ここでは、「経営している」という意味。
  • とーびちに
    とは別に。「とぅ」+「や」(とは)、発音上「とー」。「びちに」は「別に」。
  • かとーみしぇーる
    かりていらっしゃる。動詞「かいん」の継続形「かとー」に尊敬を表す助動詞「みしぇーん」の連体形「みしぇーる」をつけた形。
  • めーいぃきがぬかたー
    男性の方は。「めー」は、尊敬を表す接頭辞。「いぃきが」(男)+「ぬ」(の)+「かた」(方)+「や」(は)。「かたや」は発音上「かたー」となる。
  • かいちんだきっし
    借りる賃だけで。動詞「かいん」(借りる)の連用形 「かい」+   「ちん」(賃)だと思う。「だき」(だけ)+「っし」(で)。「っし」は手段の「で」。「だき」は日本語の「だけ」と同じ。「びけー」ともいう。
  • はらいびーん
    払います。動詞「はらいん」(払う)の丁寧形。
  • いみそーち
    おっしゃって。動詞「っゆん」(言う)の 連用形「い」に尊敬助動詞 「みしぇーん」で「いみしぇーん」(おっしゃる)。「みそーち」は「みしぇーん」のテ形。
  • んなっし
    皆で。
  • ちからりーる
    使える。「ちかゆん・ちかいん」(使う)の可能・連体形・「ちからりーん」は、受身(使われる)の意味も可能(使える)の意味をも表す。
  • ちわみみそーちゃん
    お決めになった。動詞「ちわみゆん」(決める 決定する)の連用形「ちわみ」に尊敬助動詞「みしぇーん」の過去終止形「みそーちゃん」をつけた形 。

うりんかいていっし、那覇市那覇町中振興課(なはしなはまちなかしんこうくゎ)とぅっしぇー、といれ みーくに ちゅくいる べーに ちーてぇー 八千万(はっせんまん)近(ちか)く かかいんでぃ いち 報告(ほうこく)しみそーちゃん   でぃぬ くぅとぅ。うぬふかー 防犯対策(ぼうはんたいさく)、なー やなくとぅ、うくらちぇーならんでぃいち、うりん 要り用(いりよー) んでぃぬ いちぬやさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。うりから 有識者(ゆうしきしゃ)からー、ゆすぐにぬぐぅとぅ、じんはらてぃ ちからりーる共同(きょうどう)ぬといれとぅか、平和通りぬにーけーぬあちゅーる部屋(へや)んかい仮設(かせつ)といれうちゅるこくぅとぅぬ、いちんとぅし、んじゃさったんでぃぬ くとぅやいびーん。

 

  • うりんかいていっし
    おそらく、「それに対して」だろう。
  • とぅっしぇー
    おそらく「としては」だろう。
  • ーくに  ちゅくいる
    新しく作る。「みーくに」は新しく。ちゅくいるは動詞「ちゅくいん」の連体形
  • うくらちぇーならん
    起こしてはならない。「うくらすん」は「起こす」という意味。「うくらちぇー」(起こしては)+「ならん」(ならない」。
  • でぃいち
    と言って。
  • うりん 要り用(いりよー) んでぃぬ いちぬやさったんでぃぬ
    この必要性のことを、
  • ゆすぐにぬぐぅとぅ
    外国のように。
  • にーけーぬあちゅーる部屋(へや)
    二階の空いている部屋。 「にーけー」は「二階」+「ぬ」(の)+「あちゅーる」は 「あちゅん」(空く)の継続•連体形。

うりだけー あいびーらん。会場(かいじょう)からー まちやめぐらちょーる方々(かたがた)がいいまーるうっし ゆるゆなか といれみーまーいするくとぅとぅか、あかがらするくぅとぅにゆってぃ、防犯(ぼうはん)なーやなくとぅぬ おこりらんくぅとぅ、ちーちきーるくぅとぅ、うりからじんはらてぃから、といれちかたい ちちょーし携帯(けいたい)するくぅとぅぬないる ぱうだーるーむうちゃーに 経営(けいえい)するくぅとぅそーな 様々(さまざま)なあいでぃあぬ うっじゃさったんでぃぬ くぅとぅやいびーん。

Author: maddie

半嶺まどか/ Madoka Hammine 宮良の出身の父と沖縄の与那原出身の母のもとに生まれました。沖縄本島に小さいころに引越し、17歳まで本島南部の与那原で育ちました。今は、フィンランドのラップランド大学で言語教育を勉強しています。趣味は、語学、音楽、料理、ヨガ、ズンバ、旅、ロールプレイングゲームなどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *